宮崎こどものくに春休み2019の混雑と渋滞は?駐車場とトイレ情報も!


スポンサーリンク





こんにちは、hiroです!

春休みといえば、次第に暖かくなってきた気候に、心も身体もぽかぽかしてくる季節ではないかと思います!冬が終わり、次第に暖かくなってくると、遊びに行くのにも足取りが軽くなりますよね!

今回は、宮崎県宮崎市青島にある「こどものくに」についてチェックしてみました!

こどものくには、1939年に開園した昔からあるテーマパークとなっています!親しみのあるテーマパークですね!

17万平方mの敷地面積を誇る広々としたテーマパークとなっています!「冒険カヌーツアー」「アドベンチャーランド」などで身体を使って遊ぶ事も出来、バラ園や椿園などがあるので、四季折々の自然を楽しみながら散策を楽しむ事も出来るかと思われます!

それでは、『宮崎こどものくに春休み2019の混雑と渋滞は?駐車場とトイレ情報も!』と、題しご紹介させて頂きたいと思います!

スポンサーリンク

宮崎こどものくに春休み2019の混雑と渋滞は?

「こどものくに」と称されるように、テーマパーク全体の対象としては子どもが遊びやすいようになっているようです!

大きなアトラクションは過去に撤去されてしまったようなので、そちらを目当てにくると少々ガッカリしてしまうかもしれませんね。

入園料が無料なのは嬉しいポイントかと思います!無料の長い滑り台なのは、子どもが楽しく遊ぶことが出来そうですね。

春休みという事で、気になるのは混雑状況かと思います!過去の混雑状況を調べていると、GWは混雑・渋滞していたとの事。5km程、渋滞する時があったようです。こどもの日などは、混雑・渋滞が予想されそうですね。

春休みの混雑状況を調べていたのですが、春休みに混雑するといった情報を見つける事は出来ませんでした。おそらくですが、社会人のパパやママ達は平日には、お仕事をされているかと思いますので、平日に混雑するといった事はなさそうです。

人出が予想されるのは、土、日かと思われます。土、日はそれなりにアクセスがありそうですが、混雑とまではいかないのでは?と、思われます!情報が少なく予測となりますが、春休みに行くスポットとしては、穴場なのかもしれませんね。

駐車場とトイレ情報も!

こどものくにの駐車場は第一駐車場と第二駐車場があります!

駐車場のスペースは、第1駐車場と第2駐車場を合わせて、300台程駐車出来るスペースがあるようです。駐車場の料金は平日は無料のようです。土、日、祝や学校が休日となる、春休み、夏休み、冬休みは有料となっているようです。

こどものくにのトイレなのですが、7ヶ所程あるようです!車いす用のトイレ、授乳室やオムツ交換台もあるようなので、どの年代の方でもトイレで不自由するという事はなさそうですね!

トイレに加えて、授乳室やオムツ交換台があるのも嬉しいポイントですね!有料となっていましたが、ベビーカーの貸し出し、ロッカーもあるようです。

ロッカーがあると、乳幼児用の荷物を預けておく事も出来ると思いますので有り難いですね!オムツなどの荷物を担ぎながら散歩をすると、疲れも溜まりやすいかと思います。敷地が広いので、ロッカーを上手く利用することで、疲労感の軽減も出来そうですね!

まとめ

今回は、宮崎県にある「こどものくに」についてチェックしてみました!

3月21日(木・祝)には、「こどものくに80周年記念イベント」が開催されるようです!春休み前になるかと思いますが、こちらもイベントとして盛り上がりそうですね!

混雑状況などを口コミで調べていると、40年前にはラクダがいて乗れたそうです!日本でラクダに乗れる場所があったようです。初耳でしたので驚きました!今は、動物がいないので、ラクダに乗ることは出来ないようですが、また乗れるようになると、面白そうですね!

海が展望出来る、絶好のビュースポットとなっているので、のんびりとデートする場所としてもいいかもしれませんね!大きな憩いの広場やパークゴルフなどの設備もあるようで、最近ではご高齢の方も多く来られているようです!

『宮崎こどものくに春休み2019の混雑と渋滞は?駐車場とトイレ情報も!』と、題しご紹介させて頂きました!

今回はこれで以上になります!最後までお読み頂きありがとうございました(*^^*)


スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください